夢の空家相談.com

夢の不動産

空家・空地コラム

雨漏り下水未整備の空き家

つい昨年、下水道の整備がされた地域にある空き家。前面道路から敷地内への引込はしてあるものの、敷地内の下水配管は未整備でした。さらに雨漏りが複数個所あり、下水道の整備とリフォームで大きく費用がかかりそうな空き家でしたが、工務店さんがご購入。工務店さんであれば、ご自身の手でリフォームすることができるので費用が抑えられる。下水道の整備も、いつもお世話になっている業者さんにお願いするとのことで、工務店さんだからこそマッチングした一軒でした。

借地権上の空き家売買

相続した空き家が借地権上にあった。月々の地代のお支払いが生活の負担になっているとのご相談。借地権上の建物は、よほど立地がよいところでない限り販売は難しいです。更に昔からの慣習で、販売する際に、地主さんに借地権の譲渡承諾料をお支払するケースも多々あります。今回は、地主様に建物を買取って頂く形でまとまりました。地主様から譲渡承諾料のご請求もなく、『〇〇さん(借地人)にはお世話になりましたので』とのことで、買取金もしっかり出されて、円満に解決いたしました。

部屋が多い空き家

15年以上、空き家にしていた実家。8DKと部屋数が多かったので、寮として使用したいという企業様がご購入されました。雨漏りもありましたので屋根も葺き替え、お風呂場はお手洗いに、ダイニングと和室は壁を取り払い、一つのリビングダイニングとなっておりました。自宅用ではなく、寮やシェアハウスなど、それぞれの空き家に合った活用法が必ずあると感じた一件でした。

下水道未整備の空き家

相続されたご実家の売却相談。ニュータウン内にあり、下水道も整っている地域にありました。しかし、本物件に関しましては道路から敷地内への下水の引込はあるものの、その先は未整備で浄化槽のままでした。浄化槽は定期的なメンテナンスが必要で、下水道が整備されているほうがやはり好まれます。本物件が浄化槽であることをご理解されている、近隣の方がご購入されました。

がけ地の上の空き家

支え柱の上に人工地盤を造成し、崖からせり出している空き家。市役所より、度々地盤補強を促す手紙が来ておりました。家自体もだいぶ傷んでおり、改修が必要でしたが、弊社と懇意にしている空き家投資家さんがご購入されました。空き家投資家さんは出来る限りご自身で改修されますので、コストを抑えられます。一般の方が手を出しずらい物件でもご購入されますので、大変助かっております。