夢の空家相談.com

夢の不動産

空家・空地コラム

賃貸も視野に

空き家の相談を承っておりますと、必ずしも今すぐの売却がベストというわけではありません。

先日のご相談で、

土地と建物の2階、3階は相談者様の所有、

建物の1階は義姉様の所有、という物件がありました。

登記簿でもはっきり1階と2階3階は別名義で分けられておりました。

相談者様としましては、空き家なので売却したいというお気持ちがあるのですが、

1棟全体で売却しなければ、相場の価格では売りずらいということがありました。

さらに1階所有の義姉様は、空き家にしているが、売却の意思はなく、1棟まとめて販売するのが難しい状況でありました。

こちらの建物、考えようによりましては二世帯住宅の一軒家ではなく、区分所有のアパートとも取れますので、建物の2、3階部分だけ一時的に賃貸借することを提案しました。

空き家であっても維持費や固定資産税が必要ですので、義姉様が動かない間は、貸すことでその経費を賄おうという考えです。

しかしながら、将来的な売却も視野に入れておりますので、借主様によほどの過失がない限り賃貸借契約が続く『普通借家契約』ではなく期間の定めがある『定期借家契約』にすることをお勧めしました。

夢のでは、空き家の現況、お客様・ご親族様の現況をしっかりお聴きし、売却以外の対応もさせて頂いておりますので、何なりとご相談お待ち申し上げます。

相生市 空き家相談セミナー

本日も空き家相談セミナーの個別相談員として、

兵庫県は相生市まで行って参りました🚗

昨年も参加させて頂いたこちらの個別相談会🗣️

実に30組以上のご相談がありました😲

私が受けたのは、3組のご相談。

相談内容は詳しくは記載できませんが、3軒のご相談で共通していたのは、

子どもや孫に負動産(価値がマイナスでしかない不動産)を残したくはない、との想いでした。

空き家問題の解決に向けて、国も法整備を進めたり、自発的に問題に取り組んでいる自治体も増えてきましたが、

何よりも大切なのは、このような想いを持つ方が増える事かもしれませんね😌